シニア

糖尿病の治療にはどんな種類があるのか把握する

血糖値が高いと言われたら

4人の男性

まずは、食事の見直し

糖尿病の治療方法は大きく分けて3つあります。まず食事療法です。食事療法はとても大切で糖尿病の治療の基本となります。糖尿病と診断された方は今まで暴飲暴食をしてきた方も多いです。現在、糖尿病は2型タイプのものがほとんどで、生活習慣が大きく関係しています。食事を改善することで、血糖を上手にコントロールできるようになります。カロリーを摂り過ぎないバランスのとれた食事を目指しましょう。食事療法と聞くと制限ばかりと思われる方も多いですが、そんな事はありません。糖尿病の食事療法では、基本、食べてはいけないものはありません。時には、甘いものも食べられますし、揚げ物もバランスを考え、食べることができます。自分に合った食事カロリーは、年齢や性別、仕事の内容などで変わりますので、医師と相談して自分にあったカロリーの食事をしていきましょう。

運動も心がける

もう1つは運動療法です。運動療法の目的は、食事の高血糖の予防とインスリンの薬を効きやすくすることです。激しい運動をしなくても良いですが、1日1万歩程度の運動をしましょう。しかし、運動をしているからといってその分食べては良いわけではありませんので注意しましょう。最後は薬物療法です。薬物療法はすぐに行うものではありません。食事と運動で、改善が見られない場合に治療としてインスリンを服薬します。自分の糖尿病のタイプによって飲み薬か注射かが選択されます。また、飲むタイミングも治療薬によって違います。薬物療法は医師の指示通りに行わないと、低血糖を起こしたりする場合があります。飲み忘れ等に注意しましょう。またその時の食事内容によっても血糖のバランスが乱れる場合があります。