シニア

糖尿病の治療にはどんな種類があるのか把握する

生活習慣の見直しが大事

医者と看護師

食事と運動で改善

糖尿病の治療は主に3つの方法で行います。一つは食事療法です。糖尿病になりやすい人は肥満の方が多く、暴飲暴食などの生活習慣の乱れが進行させているのです。糖分や栄養の過剰摂取は控えることが食事療法の意味合いとなります。目安となるのがカロリーです。一日当たりの摂取カロリーを控えることで治療を行います。しかし単にカロリーを控えるだけでなく、バランスも考えた食事にすることが大事になります。長続きさせるためには強い意志が必要なります。家族や周囲の人の協力なしには食事療法は成功しないのです。二つ目は運動療法です。運動不足によって引き起こされる糖尿病もあります。そのため適度な運動は改善だけでなく予防にも役立ちます。

薬は最終手段

運動は闇雲に実施しても意味がありません。今の生活環境や体形を考慮した自分に合った運動を行うことが大事なのです。負担のかからない程度の運動を継続的に行うことが大事です。特に酸素を必要とする有酸素運動は効果が大きいため水泳やジョギングなどを取り入れることがベストです。最後に薬物治療です。糖尿病は血糖値が高いことですが、血糖値を下げる薬を利用するのが一番早い方法となります。しかし副作用も考慮しなければなりません。医師の元に処方され薬による改善は一番効果が出やすいのですが、食事や運動など日ごろの生活を改善しないと薬の意味は成しません。そのため、薬での治療はあくまでも最終手段として運動や食事の内容などを第一に考えることが大事です。