看護師

糖尿病の治療にはどんな種類があるのか把握する

糖尿病の食事療法

病院

糖尿病治療に使われる薬は年々新薬が開発されています。中には糖尿病治療で問題になる低血糖を起こしにくい薬もあり、糖尿病治療の安全性は向上しているのです。食事療法の目的はカロリーの低減、栄養バランスの確保、血糖値の日内変動を一定にすることとなっています。

詳細へ

血糖値が高いと言われたら

4人の男性

糖尿病治療では食事と運動が基本ですが、場合によってはインスリンなどの服薬が必要になります。定期的に服薬するのは煩わしく、飲み忘れなども危険です。可能な限り、薬に頼らずに食事での血糖コントロールをするための治療を行っていきましょう。

詳細へ

生活習慣の見直しが大事

医者と看護師

糖尿病は血糖値が上昇する病気です。薬で手っ取り早く血糖値を下げることも可能ですが、生活習慣の見直しが一番の治療方法です。運動や食事の内容をコントロールすることで徐々に改善していくことが最善の方法です。

詳細へ

病気について学ぼう

医者

低血糖のときの対応

糖尿病になってしまいインシュリンや内服による薬物療法が開始すると、多くの方が関心をもつのが低血糖症状です。関心を持つ理由は低血糖症状が時に生命にかかわってくることがあるからです。低血糖に対する対処法は多数ありますが、インシュリンや内服薬は高血糖に対して治療効果があります。しかし、薬が効きすぎた場合などではインシュリンの治療効果が裏目に出てしまいます。それが低血糖です。低血糖かどうかは血糖を測定することが一番確実な判定方法です。インシュリンを開始した場合などでは測定器も購入することが多いのでこれを使います。低血糖とわかったら、ブドウ糖を摂取します。専用の純粋なブドウ糖が今はお店で売っています。低血糖時にはそちらを利用するとよいです。

薬の作用を知る

糖尿病の治療ではインシュリンや内服薬を使用します。内服薬には様々なものがあり、副作用を知っておくことが重要です。特に注意が必要なのは糖尿病の薬の中には低血糖症状を起こさないものもあるという事です。糖尿病治療において低血糖が起こるか起こらないかは生命にかかわるため非常に重要です。一般に効果の強い内服薬は低血糖のリスクがあります。膵臓でインシュリンの分泌を促進する薬などがこれに当たります。一方で薬の中には、体内が高血糖状態になった時にのみ作用する薬もあります。実際の医師の処方ではこれらの薬を組み合わせて処方しています。病院を受診したら、自分がどんなタイプの内服薬を飲んでいるか知ることで低血糖リスクを予想できるようになります。